帰省してます

松本移住4ヶ月。

2回目の神奈川帰省をしています。

高速バスで中央道神林を出発して、中央道日野へ。

懐かしの日野駅から久しぶりの電車です。

うわー電車だよ。

電車って長野県にいると乗る機会ないからテンション上がります。

知らない人と、こんなに密着するなんて、田舎じゃ考えられない距離感ですよ。

 

そんな新鮮な気持ちで2泊3日を神奈川で過ごします。

 

 

 

f:id:tokotoko_yuuki:20190602204402j:image

JR日野駅@東京都

本日の一曲 あいみょん「ハレノヒ」

 

南松本の、つけ蕎麦「尚念」さんがとても美味しかった

松本って言ったら一般的に言ったらお城の町っていうイメージかなあ。

 

あとは、音楽の街という人もいると思う。特にクラシック音楽の。

あとは蕎麦とか山とかあると思うけれど・・・

 

実は何気にグルメな町っていう気がしてる。

 

そんな中で、ラーメンも美味しいお店が多い。

 

テンホウだハルピンだってな具合に、長野ローカルチェーン店も良いのだけど、南松本にある尚念という渋い名前のラーメン屋さんが美味しかった。

 

東京でもなかなか出会えないレベルだと思う。

リピーターになるって誓った!(誰に)

 

松本には美味しいお店がいっぱい。

休日のお散歩が楽しみでならないよ。

ううむ、お金がかかるー。

 

f:id:tokotoko_yuuki:20190530130227j:plain

(つけ蕎麦 尚念さん@南松本:i-phone6s)

本日の1曲:宇多田ヒカル「嫉妬されるべき人生」

 

 

 

登戸に3年間住んでいた

 

酷い事件が起きました。

神奈川県川崎市登戸駅近くで包丁で何人も何人も刺したという事件です。

 

登戸には2013年~2016年に3年間住んでいました。

少しごちゃごちゃした町ではあるけれど、平和な土地であって、あんな凄惨な事件が起きる場所とは想像も出来ない。

 

事件現場は、僕も何度も何度も通ったことのある道。

あんなところで・・・信じられない気持ち。

 

たとえどんな理由があろうとも、許せないです。

 

 

 

徒歩通勤25分という幸せ

信州移住をしてきて、平日の大体の流れはこうなった。

 

7:30 起床

8:00 朝食

8:30 通勤(徒歩25分)

9:00-18:00 お仕事(定時の確立75%)

18:00 通勤(徒歩25分)

18:40 夕食

19:10 自由時間

23:00 お風呂

24:30 就寝

 

こんな1日が多い。

もちろんお仕事で残業だったり、早く出発したりもあるけれど、多くがこんなタイムスケジュール。

 

ここで注目したいのが19:10からの自由時間。

お風呂までに4時間近くもあるの。

お仕事した日にこんなに時間があるのは、すごくゆとりがある。

 

なんでこんなに時間があるかといえば、やっぱり遠くへの通勤が無くなった事が大きい。

東京に居る事は電車通勤90分とかだったから往復で3時間が通勤だったことになる。

今は徒歩通勤で往復50分。その差は2時間10分。

こういう時間のゆとりが大きいんだと思う。

 

信州で暮らせば絶対にそうなるというわけじゃない。

田舎は零細企業が多いからブラックな時間働く会社もあるし、農業・林業・工場勤務など、様々な働き方があるから一概には言えないけれど、会社勤めとして1つ良いポイントがある。

 

家賃が安いから、職場から離れてない場所に暮らせることだ。

 

僕は東京時代に働いてた勤務地は、日本橋だったり恵比寿だったり品川だったりした。

そんなとこに徒歩25分の家なんて借りたら大変な金額になる。

 

けれど松本だったらどうだろう。

一番家賃が高い市街地の大手町からでも徒歩25分で行ける距離となれば、そんなに高くない相場の場所もあるんだよね。

松本駅の反対側だったり、県の森の方だったり、信州大学の方だったり。

 

そうして時間の余裕を作ることができる。

それが松本の・・・いや、地方都市の暮らしやすさだと思う。

 

そうするとね、夜、時間があまる。

すると読書が出来る、映画が観れる、音楽が聴ける。

こんな素晴らしい事はない。

 

だから、例え大自然が好きじゃないタイプでも、地方で暮らす価値はあると思う。

 

でも何度でも書くけど。

 

 

田舎で仕事を探すのは大変な苦労もあるよ。

 

 

 

 

ICO - PS3

ICO - PS3

 

そんなあまった時間でのんびりとゲームやったりもします。

 

 

 

 

f:id:tokotoko_yuuki:20190526001221j:plain

通勤の道・遠回りバージョン@松本市

本日の1曲:荒井由実ひこうき雲

 

 

 

 

 

水鳥とカエル

東京都日野市から長野県松本市に移住して4ヶ月が経った。

 

 

静かな夜、窓を開けるとカエルの鳴き声が聞こえる季節になった。

窓を開けて夜を過ごす季節になったんだなあって少し嬉しくなる。

やっぱり松本の冬は厳しかったから。

 

日野の時はどうだったかと思い出す。

この季節、窓を開けて過ごしていたはずだ。

 

 

そうだ、多摩川が近かったせいか、水鳥の鳴き声がしていたんだった。

 

今住んでいる場所は川はないから、あの水鳥の鳴き声があまり聞こえない。

 

東京の方が聞こえてきてたなんて不思議なものだ。

 

こうして大自然が近くにある信州に来てみてよくわかる。

東京も日野みたいな郊外になればちゃんと自然があったんだ。

 

 

 

f:id:tokotoko_yuuki:20190525234553j:plain

(ベランダ菜園のピーマンに花が咲き始めたよ:i-phone6s)

本日の1曲:スピッツ「魔法のことば」

 

 

信州にもオペラ座の怪人

信州の大町に劇団四季の倉庫があるって知ってた?

 

大道具もですが照明なんかもあったりするみたいなの。

 

そんな倉庫があるからか、松本市で行われてる信州花フェスタには、劇団四季のブースが出ていたりします。

期間限定だけどね。

 

東京で見ても劇団四季の道具って目をひくけれど、信州で見ると余計に目立つ。

ゾクリとする様なオペラ座の怪人マスク。

 

何か見てはいけない物を見た様な気さえしてくる悪魔の魅力なのでした。

 

f:id:tokotoko_yuuki:20190509224551j:image

 

本日の一枚 オペラ座の怪人マスク@信州花フェスタ

今日の一曲「オペラ座の怪人

 

 

松本の特大ゴールデンウィーク

今週のお題「特大ゴールデンウィークSP」

 

信州松本に移住してきて3ヶ月と少し。

初めて長い連休がやってきた。

それも今年は令和時代の幕開けとなるスーパーゴールデンウィーク

平成天皇陛下のお気持ちが叶う形となり、本当に良かった。

 

移住と転職はセットな事が多いと思うのだけど、転職して初の連休でもある。

やっと疲れを癒せる時が来たなという感じ。

 

観光地松本はゴールデンウィークで激混みするかと思いきや、中心地と松本インター方面は物凄く混んだけど、周辺は逆に人や車が減った。

 

やはり遠くへ行く人が多いんだろう。

 

僕はというと散策したり信州花フェスタに行ったり、木曽福島へ行ったりと信州移住ライフを楽しんだ。

北陸が近くなったので富山県にも旅した。

 

そして仕事が始まる。

その瞬間は都会も田舎も関係なく、ちょっぴり気が重いものだ。

 

ま、よく休み、よく寝た連休だったよ。

 

f:id:tokotoko_yuuki:20190509002829j:image

本日の一枚@信州花フェスタCanon eosm2)

今日の一曲 あいみょんマリーゴールド

 

田んぼに水が張られた

 

松本の田んぼにも水が張られつつある。

田植えの時期だ。

この辺りではゴールデンウィークを田植えに費やす人たちも多いと聞く。

 

そのくらいに暖かくなり、徒歩での通勤もとても気持ち良い季節になった。

 

電車に乗らずに通勤出来る喜び。

これが都会から松本へ移住した最大の良さだと感じてる。

 

お仕事自体は難しいものなので油断ならないけれど、僕も田んぼの苗の様に強く根を張ってこう。

 

 

f:id:tokotoko_yuuki:20190507233933j:image

 

@松本市内 iPhone6s

今日の一曲  B'z「泣いて泣いて泣き止んだら」

 

この世から去ったって彼らは何も変わらずに生きていく。

ドラマ「アンナチュラル」の再放送を観ていた。

イジメをテーマにした回があるのだけど、そこで主人公のミコトさんがとても心に刺さる事を言う。

 

いじめが辛かったりしてこの世を去る人がたくさんいる。

実は僕も中学2年生~3年生はいじめに逢っていた。

 

だからこそ、そのミコトさんのセリフは印象的なんだ。

 

あなたが告発してしんだって、いじめをした彼らは名前を変えて、転校して、普通に生きていく。

あなたがしんで訴えた事なんて、彼らには届かない。

 

他のドラマみたいに偽善者みたいな台詞と違って、真実を表現していると思う。

 

いじめをする人間のほとんどは罪の意識なんてない。

その影響で誰かがこの世を去る結果になったって、そこからしばらくはショックを受けたり反省したりする行動をするだろうけど。

 

しばらくしたら、その出来事すら忘れて生きていく。

 

そう思ってる。

 

 

 

長野県は学歴社会な部分がある。

だから例えいじめなどの苦しい事があったって、学校から逃げ出す事を手助けしにくいのだという。

 

いじめが苦しいのなら逃げてほしい。

学歴社会なんて長野県から出れば、違う道を探す事だって出来る。

いや、県内にいたって違う道は探せると思う。

 

だって、耐えられなくなってこの世から去ったって、その原因を作った彼らは何も変わらずに生きていく。

 

そんなの悔しくないか?

悔しくないの?

悔しいでしょ?

 

その時は逃げようよ。

 

そして力を蓄えて、いつか”それなりの人生”を取り返してほしい。

 

だから、今は生きてほしい。

 

 

 

 

f:id:tokotoko_yuuki:20190506205650j:image

本日の1枚(令和初日にベランダ菜園を始めました@松本市:i-phone-6s)

今日の1曲:米津玄師「Lemon」

 

 

令和時代の幕開け

信州移住3ヶ月。

なんとかかんとか最初の連休まで走り抜けました。

そうして迎えた令和時代。

 

南松本ヨーカドーに朝から行って紅白まんじゅうを頂きました。

限定100個に朝から大勢来てて93個目くらいのをゲット!

ギリギリセーフとは幸先いいね。

 

さあ令和時代、明るく楽しく生きましょう!

 

 

f:id:tokotoko_yuuki:20190501163512j:image

今日の一曲 いきものがかり「いこう」

 

 

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 移住生活へ