信州の秋の夜長に、17年も昔のゲーム、キングダムハーツ(PS2)をやってみる。

信州は東京に比べれば田舎だ。

夜20時を過ぎると営業しているお店もだいぶ少なくなってくる。

なんせツルヤが20時閉店だから、それ以降の時間は買い物に行く気が少なくなる。

 

そんな昨今、テレビがすっごくツマラナイ。

バラエティー番組の9割はつまらないので、奥さんが実家からプレイステーション2を持ち出してきた。

 

僕はあまりゲームはやらないタイプなのだけど、夜に出かける場所もないので、今回は2002年のゲーム「キングダムハーツ」をやることにした。

 

 

KINGDOM HEARTS(キングダム ハーツ)

KINGDOM HEARTS(キングダム ハーツ)

 

 

 

17年前の2002年に発売。

スクウェアがディズニーとコラボしたゲームだっていうのは知ってた。

テーマ曲を宇多田ヒカルが手がけてたのも覚えてる。「光」だ。

 

でも僕が知ってる情報はそのくらい。

きっとディズニーキャラが冒険する可愛いポップなゲームなんだろうなってイメージのみ。

 

 

まさかね。

これが壮大なスケールと、複雑な複線と、世界を覆う闇と光の戦いの深い物語だなんて想像してなかった。

 

 


キングダムハーツ OPムービー

 

 

主人公はディズニーキャラではなく、ソラという少年。

そしてソラが住む南国っぽい島には、親友でちょっと大人びた少年、リク。

ソラとリク、そして島に流れ着いたというアクティブな少女カイリ。

 

陸・・・海・・・・空・・・・・・か。

 

なんて思いながらソラを動かし始めると、島には他にも少年が・・・。

 

名前はティーダとワッカ。

 

ん?んんん???

 

ティーダとワッカ???

それってファイナルファンタジー10の主要キャラクターじゃん!!

 

そうか、このゲーム、ディズニーキャラが出てくるってのは知ってたけど、ファイナルファンタジーのキャラも出てくるのか。

そんな不思議な世界の中をソラは冒険していくのね。

 

こうして僕は、信州の秋の夜長に、読書ではなくゲームを開始していくのだった。

ちなみにこのキングダムハーツというシリーズは、今年、3が発売されたのだそう。

 

 

キングダム ハーツIII - PS4
 

 今日の1曲:宇多田ヒカル「光」

 

 

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 移住生活へ