信州はやっぱり蕎麦だよね@草笛 上田店

信州のグルメというと色んなものがある中でもやっぱり蕎麦かなあと思うんですよね。

 

長野県は広いので地域地域で色んな特色があったりもするけれど、今回は上田市でお蕎麦をいただきました。

 

草笛というお店。

 

何店舗かあるお店みたいなんですが、この上田店はちょっと人気店みたいなので、行ってみました。

 

これがまた旨い!!

やっぱり信州は蕎麦だね!

 

ただちょっとボリューミー!

田舎のご飯って量が多かったりするんだよね。

すっかり忘れてたよ。

 

でもまた再訪したいほどの旨さでした。

信州蕎麦巡りしたくなってきたぞ。

 

f:id:tokotoko_yuuki:20190920222708j:image

草笛上田店@上田市

本日の1曲:あいみょんマリーゴールド

 

 

9月で気温15度って結構寒いよ。

今日は朝から大町市へと仕事だった。

松本を出発してから安曇野、大町って、気温がずっと15度の中を移動してた。

 

9月だからもう夏ではないとはいえ、気温15度ってのは結構寒い。

運転中も足元が寒かったもん。

暖房入れようかと思った。さすがに入れなかったけど。

 

しかも明日は12度だとかいうんだから、悲鳴上げたくなるよ。

つい10日前に32度だったんだから。

なんなのこの気温差は。

 

信州移住してきて気温差にはびっくりする。

体調管理はきちんとしないとな。

暖かい布団でちゃんと寝なくちゃ。

 

よーし、おやすみー。

 

 

 

f:id:tokotoko_yuuki:20190919213201j:image

田園風景@安曇野市

今日の1曲:Foorin「パプリカ」

 

信州にはレトロな駅がある…湯田中温泉駅

長野県は広い。

相当、広い。

 

だから、同じ県内に”行った事ない場所”ってのはいくらでもある。

 

松本移住してきて7ケ月。

北の方にはあまり行った事がないので、適当にドライブしてたら辿り着いた。

 

湯田中温泉駅・・・。

 

なんとなくガイドブックとかで聞いたことある様な名前。

 

そこはレトロな駅舎だった。

駅舎に温泉まで付いていて、さすがの駅名。

 

こういうレトロ感が信州にあるのは知らなかったから、なんだか非日常な感じで、ずうっと遠くまで旅したかの様でワクワクしながら、温泉に浸かったのでした。

 

 

f:id:tokotoko_yuuki:20190918221817j:image

 湯田中温泉駅@山ノ内町

本日の1曲:奥田民生「イージュー☆ライダー」

 

ちょっと未来の老後のお話

今週のお題「理想の老後」

 

 

 

東京に住んでいる頃。

特に老後の事なんて考えてなかった。

 

でもこうして地方移住してみると、大自然がすぐ近くに感じられるせいか、未来のことを考える機会が増えてきた。

 

ちょっと早め、60歳くらいでお仕事を引退して、それまでに農業を勉強しておいて、畑をやっていく。

育てた野菜を売りながら、道の駅でバイトしながら生きていく・・・

 

77歳くらいの時に奥さんが先に亡くなるらしいから(本人談)

最期を「おやすみ」って看取って、3回忌くらいまでキチンと仕切って、80歳くらいで僕も亡くなろうかな。

そしたら奥さんも次の世界で3年くらいしか一人ぼっちじゃないから、そんなに寂しい思いさせなさそうだし。

 

っていうのは奥さんと二人で話してる老後の話。

 

長寿の長野県で生きていく僕らは果たしてどんな人生を送るのかねえ??

 

f:id:tokotoko_yuuki:20190917213712j:plain

田んぼ@松本市

本日の一曲:いきものがかり「おやすみ」

 

 

軽井沢の水辺は涼しい

奥さんと、奥さんの母との3人で軽井沢へとドライブへ行きました。

 

松本市から軽井沢は、車で2時間近くもかかるから、同じ長野県内のドライブとは思えない。

ちょっとした旅って感じ。

 

辿り着いたのは軽井沢の北部にある白糸の滝。

駐車場に車を止めて、滝まで歩く道。

そこには滝つぼから流れてくる綺麗な水。

 

気温は20℃だけれど、水辺の体感温度はもっと涼しい。

信州の秋は早い。

けれど、軽井沢の秋はまるで晩秋の様。

 

気持ち良い時間を過ごす事が出来たので、明日からのお仕事の力もちょっと蓄えられました。

 

 

f:id:tokotoko_yuuki:20190916213415j:image

白糸の滝からの清流@軽井沢町

今日の1曲:Mr.children「深海」

 

 

秋になってきた信州

このミニブログ、2ヶ月半もほったらかしてた。

 

なんでかというと、そんなに大きな理由もない。

いや、あるか。

 

松本移住後のお仕事が、今までやってきた関東圏でのお仕事とは全く違うジャンルになったので、書いている余裕がなくなったからだ。

 

地方移住は最高!

とかいう気分には全然なれないくらい、けっこう大変だった。

 

でも今になって、やっとちょっと落ち着いてきた気もするから、この松本移住Diaryのミニブログを開いてみたら、おやおや前回書いたのは夏になる前じゃないか。

夏はすっとばして秋なのにね、今はもう。

 

そんな信州移住生活。

小布施までドライブして秋の味覚、シャインマスカットをいただいてきた。

やっぱり旬の味覚は最高だよね。

ジューシーな味わいで幸せを感じたよ♪

 

f:id:tokotoko_yuuki:20190915170011j:plain

 

シャインマスカット@ハイウェイオアシス小布施

本日の一曲:Mrchildren「口笛」

 

「東京出張」東京駅前は都心で一番夕陽が綺麗だと思うの。

 

僕のお仕事は東京都心に本社があります。

要は長野支店に勤めているっていう形なんです。

そういう事もあって東京へと研修出張に行ってきました。

 

1泊2日で色々と巡ったんだけど、東京駅前で少しのんびり。

 

ここはね、僕の中では「都心で最も夕陽が綺麗」な場所だと思うの。

駅から皇居の方を見るこの景色が何とも切なくて好き。

大自然の夕陽も良いけど、日本のビジネスの最前線から見る夕陽も悪くないぞ。

 

 

 

f:id:tokotoko_yuuki:20190623003629j:plain

東京駅前から皇居を眺める@東京都

本日の1曲:Mr.children「東京」

 

寒いと野菜も元気なくなる

松本は梅雨になると寒い日も多いみたい。

標高580メートルくらいのところに住んでるから当たり前といえば当たり前なんだけど。

 

お陰で、ベランダ菜園も元気ない。

日が届きやすい畑ならともかく、日陰もあるベランダだと、なかなか難しい面がある様子。

 

ピーマンとネギが急激に元気なくなってしまった。

 

だけど、ミニトマトは元気に育つよ今日も。

頑張れー。

f:id:tokotoko_yuuki:20190622022004j:image

 

本日の一曲 斉藤和義「ずっと好きだった」

 

信州で何が美味しいって、水が美味しいんだと思う!

長野県に移住して、色んな美味しいものの話を聞く。

 

 

蕎麦が美味しい!

野菜が美味しい!

果物が美味しい!

お米が美味しい!

 

実際に暮らして食べていて、それらは本当のことだった。

 

でもさ。

スーパーで良い食材っていうのは東京にいたって買える事はある。

ちょっと高かったりするけれど。

 

ところが、長野に来てからは、家で食べると、やっぱりとっても美味しいの。

 

何でだろうって思ってたんだけど、我が家としては答えが出た。

 

水が美味しいんだ。

 

蕎麦も野菜もお米も、信州の綺麗な水で作られている。

 

でもどうだ?

蕎麦も野菜もお米も、家で水道水で調理するでしょ?

その水道水が東京より遥かに美味しいんじゃないのか??

 

だから食材がとても美味しくなるんだ。

 

東京の水だって、世界的にみれば、都心部で水道水を飲めるなんて素晴らしいことなんだよ。

でもその素晴らしい東京水道水よりも、長野県の水道水はもっともっと旨い!

 

それが松本移住してきてゴハンが美味しいことに繋がってるんだと思う。

そこには綺麗な山からの幸という素晴らしい環境もあるけれど、この国の水道管技術の高さというのも忘れてはいけない。

なんでもかんでも「自然素晴らしい」で済ませちゃいけない。

水道管を作る高いレベルの技術。これも大きい。

だから重労働している水道管関係の人にも感謝しなくちゃって思う。

 

そうして今日も美味しい水で作られる料理を食べに行く。

ああ、なんて幸せなことなんだ。

 

 

f:id:tokotoko_yuuki:20190616213646j:plain

スープカレーのハンジロー@安曇野市

今日の一曲:コンフィデンスマンJPのテーマ

 

 

20年会った事のない父親

今週のお題「おとうさん」

 

お父さん・・

 

実はここ20年ほど会ったことがない。

 

ネットで名前を検索すればすぐに出てくる。

父親の存在は僕にとってはパソコン上の情報だけが全てだ。

 

子供の頃の記憶はある。

小学生までは仲良くしていた。

とある事柄をキッカケに、僕は父親を慕えなくなった。

 

ただ、それでも時々、ネットで様子は見ている。

 

父は、とある企業の代表だ。

 

エンジニアとして今でも活躍をしている様で、賞などを獲ったりもしている。

技術職として優秀な父は、けれど経営や上司としては優秀ではなかった。

なのに今でも代表として生きている様だ。

社員が次々と去っていかなければいいのだけど。

それを補うブレーンがいることを願う。

 

こうして少し心配するような言葉を書いてみたけれど、今後も僕は父親と関わるつもりはない。

 

父はどう思っているのか。

考えてみたことはあるけれど、あまり思いやる気持ちは僕には持てなかった。

 

まあ、だから時々、その存在をネットで見ておこうと思う。

 

そして一言、心の中で宣言しておこう。

 

必ず、そっちよりも幸せに生きてみせる・・・と。

 

 

f:id:tokotoko_yuuki:20190613001329j:plain

姨捨サービスエリア@千曲市

今日の1曲:アラジンより、ホール・ニュー・ワールド

 

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 移住生活へ